ads by Amazon

Google+ Badge

2013年4月20日土曜日

通信量測定アプリ(2本)

通信量を測定する有料アプリを2本まとめて紹介します。
本当は、1本づつ紹介した方が良い(ブログの収益的にもその方が良い)と思うのですが、1つの目的を達するために2本のアプリが必要なので、2本まとめて紹介させていただきます。

紹介するアプリは、以下の2本です。

①Network Monitor Mini Pro
https://play.google.com/store/apps/details?id=info.kfsoft.android.TrafficIndicatorPro

②2G, 3G, 4G Network Monitor
https://play.google.com/store/apps/details?id=msd.n2g.n3g.sell

下図の赤色の丸が①黄色の丸が②です。

(1)導入目的
私は、日本通信(b-mobile)と契約して、Docomo帯域のSIMカードを利用しています。
契約内容は、以下の条件付きで、月々2,000円程度(固定料金)です。
  • 1ヶ月で1GBまでは、帯域制限なく通信可能
  • 1GBを超えた場合、月末まで150kbpsの帯域制限がかかる
  • データ通信専用(通話はガラケーで)
私は、上記契約で「可能な限り常時、帯域制限が掛らない状態で利用したい」と考えました。
そこで、今回紹介するアプリを利用することにしました。

(2)2本必要な理由
①と②のアプリは、同じ「通信量を測定するアプリ」です。
しかし、それぞれの利用目的が異なります。
  • ①:リアルタイムな通信量の測定
  • ②:トータルの通信量の測定

(3)Network Monitor Mini Pro
画面上でリアルタイムに、現在の通信量(下りと上り)を表示します。
これを使えば、開いたウェブサイト等で大量な通信が発生しているかを即座に確認できます。
なお、アプリ毎に起動した時の表示・非表示を選択することもできます。
また、表示するフォントの形状、大きさ、位置などはかなり細かくカスタマイズできます。

■無料版
このアプリには無料版もあります。
https://play.google.com/store/apps/details?id=info.kfsoft.android.TrafficIndicator
無料版と有料版の違いは実は殆どありません。
なので、購入する前に無料版をダウンロードして、ちゃんと動くか確認しましょう。
なお、無料版では上図のようにステータスバー上に表示することができません。
「たったそれだけ?」と思われるかもしれません。
しかし、私が有料版を購入した理由はそれだけです。

(4)2G, 3G, 4G Network Monitor
ウィジェットで、トータルの通信量を表示します。
通信量に制限があるのは3G通信だけなので、3GとWi-Fiの表示を分けてくれるのが嬉しい。

■無料版
もちろん、このアプリにも無料版があります。
https://play.google.com/store/apps/details?id=msd.n2g.n3g
このアプリも、無料版と有料版の違いは殆どありません。
無料版だと、月ごとにカウントする機能がありません。(日と週でのカウントしかできません)
一番欲しい機能は月ごとのカウントだから、私は有料版を購入しました。

(5)補足
この二つのアプリですが、どちらも価値の作り方が非常に上手いと思います。
一番欲しいちょっとした機能が有料版じゃないと使えなくなっているのがポイントです。
そして、無料版でも基本機能は問題無く使えるので、購入前にキッチリ評価できます。

0 件のコメント:

コメントを投稿